歯科治療におけるワイヤー交換。【下顎1回目】

ワイヤー交換
ワイヤー交換

2016年8月22日、今日は月1のワイヤー交換の日です。

ワイヤー交換は今日で2回目。

6時の予約なので、仕事を終えて病院へ。

まずはブラッシング指導。

ピンク色の試薬をつけて、持参した歯ブラシでブラッシングをします。

この装置を付けてると、ほんとに磨きにくい(>_<)

 

人気記事一覧

歯磨き指導&ワイヤー交換。

一通り磨き終わると、歯科衛生士さんのチェック。

歯のかみ合わせた部分と、抜歯した歯の側面に磨き残しがあった為、そこだけ再度磨くことに。

磨いていると、歯ブラシの持ち方の指摘をされました。

基本鉛筆を持つみたいに磨くらしく、(ペングリップといいます)こうすることで余分な力がかからなくなるらしいです。

ペングリップ

※画像はネットから拝借しました。

ブラシを握るように持つとどうしても力が入ってしまい、歯茎に負担がかかり、将来的に歯茎が下がってきてしまうんだとか。

歯茎は一度下がったら戻らないらしいので、気をつけて下さいとの事。

 

ワイヤー交換。

ブラッシングを終え、いよいよワイヤー交換。

今回は下顎だけ交換するとの事。

私は上顎の方が早くワイヤーを通した&歯並びが上顎の方が綺麗だった為か、まずは下顎を早く並べて、上顎は次回にするとの事でした。

そして今日は、抜歯した穴と穴を通すように、両方の下顎のブラケットに透明な輪ゴムがかかりました。

 

この輪ゴムをかけることで、歯のアーチを広げ、歯並びのガタガタを取っていくそうです。

私の場合、下の歯がガタガタしていたので、この輪ゴムをかけたそうです。

歯を後方に引っ張って隙間ができることで、綺麗に並んでくれるだろうとのこと。

 

そして私の前歯ですが、じつは21歳くらいの時前歯2本が大きいのがコンプレックスで、やすりで削ったことがあり、形が少しヘンなのです(;;)

当時は色々あって精神的に参ってたので、ストレスもあったと思いますが。

先生には話してはいないのですが、ゆくゆくは削って形を整えてくれるとの事。

 

そして今日の会計の時に、矯正料金を支払いました。

とりあえずは15万円。

59万4千円を、4回に分けて払っていこうと思います。

 

かかった費用

調整・処置料金:5,400円

矯正代:150,000円

 

以下、輪ゴムをかけた直後の写真です。【閲覧注意】

 

 

 

 

 

輪ゴム

見える?

 

ワイヤー交換1週間後。

ワイヤー交換約1週間後。

以前と比べると、とび出ていた下顎の歯が引っ込んできたのが分かります。

しかも、歯のアーチも段々広がってきた!

ですが、下顎がひっこんできたせいか?上あごとかみ合わなくなってきて、食事のとき咀嚼しにくい(><)

弟に聞いたら、自分もそうだったそうで、慣れろ、との事。

 

以下、歯並びの画像。【閲覧注意】

 

 

 

ビフォアー

アフター

ブラケットの角度が変わってきましたね。

それにしても、この前歯がはやく真っ直ぐ向かないかな。

 

つづく。

 

スポンサーリンク