2016年11月24日 矯正治療におけるワイヤー交換。【上顎3回目】

ワイヤー交換
ワイヤー交換

今日は月1回の調整日。上顎のワイヤーを交換する日です。

今日は18時からなので、仕事終わりに歯医者へ直行しました。

 

そして、まず着いたら歯ブラシを購入しました。

今使っているものがボロボロになってきたからです。

歯を磨くときに器具に当たるからか、1ヶ月もすると歯ブラシがすぐボロボロになります(・・;)

順番がきて、最初に歯磨き指導。

この時私は、家から隙間を磨ける小さなブラシをもってくるようにしています。

小ブラシ

↑こんな感じのやつです。

ワイヤーが全部歯に通っている為、こういう小さなブラシがないと歯の隙間に歯ブラシが届かないからです。

一通り終わると歯科衛生士さんがチェック。

上奥歯の歯と歯の嚙み合わさる断面部分にまだ汚れがついてるそうで、ブラシを斜めにして一生懸命擦りました。

意外と強く擦らないと汚れって落ちませんね(>_<)

こういう歯の断面を磨くときは、それこそ写真のような一点集中で磨ける歯ブラシの方がいいかもです。

 

人気記事一覧

いよいよワイヤー交換。

さて一通りブラシチェックが終わったら、先生が上顎のワイヤーを交換してくれました。

今回は断面が0.016×0.025の、断面が長方形のワイヤーに変わりました。

これで次は1ヶ月後。次は下顎を変えます。(^_^)

ワイヤーは今でこそ様々な材質のものがあるそうですが、昔は1種類しかなかったそうで、歯並びがまだガタガタの頃はかなり痛かったそう。

技術の進歩に感謝ですね。

ワイヤーを変えたばかりの痛みですが、変えた直後は食事の時に食べ物を噛むと少し痛みがあります。

ですが、3日もすると痛みも気にならなくなりました。

矯正ってもっと痛いかと思ってましたが、意外とそうでもないのですね(・・;)

 

かかった費用

5,650円(歯ブラシ+ワイヤー調整代) + 矯正費用10万円

 

スポンサーリンク