2016年11月30日 歯医者さんへ歯石とりへ。その1.

本日は右下顎の歯石を取りに歯医者へ。

トータル4回に分けて歯茎の奥の方までほじくってとってもらいます。

仕事を終えて家に帰り、一通り歯磨きをして歯医者さんへ向かいます。

保険証と診察券を出ししばらく待っていると、順番が。

いよいよ歯石を取っていきます。痛いのかな(・・;)

担当はちょっと色っぽい綺麗なお姉さんでした。

男性の患者さんなら、きっと喜ぶだろうな、と思いました。

 

人気記事一覧

いよいよ治療スタート。

歯に麻酔を塗布。

まずは塗るタイプの麻酔を下の歯全体に塗ってもらいます。

こんなの初めて塗ります。(・・;)

なんだか、歯茎が痺れる感覚です´д`麻酔塗るって、そんなに痛いのかな?

 

お次はプローピング検査。

お次はプローピング検査です。

これをやることで、歯にどのくらいの歯石が溜まっているか、歯周病どのくらい進んでいるのかを見ていくそう。

結果、歯石自体はそこまで溜まってはいないそうですが、矯正をやってるので歯石が溜まりやすいのもあるので、定期的にお掃除はした方がいいとの事。

そして歯石を取る前にまずお掃除前の写真を取ってもらいました。

カメラの質がよいので、かなり細かいところまで見えてリアルです。

ブラケットの周りに、とりきれなかった歯石が溜まっているのがわかります。

 

そして、いよいよ歯石取り。

歯茎ポケットの奥の歯石を取るには、細かな先の細いピックのようなもので歯周ポケットをほじくって取っていきます。

このピック、細かに振動していてこれでかきだしていくそう。

下の歯の真ん中の部分の歯を掃除するとき少し痛かったですが、基本そこまで痛みはありませんでした。

一通り取ってもらった後は、歯の表面についた汚れを取ってもらいました。

そして歯の裏側の重なりの部分はガリガリやって手動で取ってもらいます。

これがちょっと痛い(>_<)いつも不思議ですが、これって歯は削れてないのかな?(・・;)

 

そして一通り取ってもらい、歯の着色汚れもとってもらい、結構綺麗になりました。

後は先生の確認&チェックが入ります。

先生はいつもバタバタしてて忙しそうです。

 

ここの先生、患者さんの診察に入る前に、患者さんにかならず頭を下げて「よろしくお願いします」って言ってくれるんですよ。

これ、出来る先生ってそうそういないんじゃないですかね。

素晴らしいと思います。ここに変えてよかったです。

だから患者さんも沢山くるし、繁盛しているんですね。

歯科衛生士さん達も優しいし。

 

さて、一通り取ってもらって今日は終了です。

次は、下顎の左側の歯石を取ってもらいます。。。

 

かかった費用

1,600円

 

つづく。

 

スポンサーリンク