便秘の人必見!個人的に効果があった、苦しい便秘とサヨナラする方法。

便秘つらい
便秘つらい

あなたは、便秘に悩んでいませんか?

男性よりも女性に多いと言われていますが、男性でも悩んでいる人は

きっといると思います。(私の弟がそうでした)

 

便秘をこじらせると、本当につらいですよね(>_<)

だんだんと苦しくなってくるし頭はボーッとする、

なにより、便自体が有害物質なので、長く体内に留まっていると、体にも悪い。

私も昔はひどい便秘だったので、その辛い気持ちはとてもわかります。

特に女性の場合だと、周りの目も気になるし、恥ずかしい部分もありますしね~

 

ですが、私は現在では便秘とは無縁の生活を送っています。

へたをすれば、一日3回(!)出るときもあります。

生理前の時は、出なくなるときもありますが・・・。

今日は、私が意識して行っている便秘対策についてお教えします!

 

人気記事一覧

以下、解決法。

その1. 便意を我慢しない。

漢方薬を飲んだり野菜をちゃんと取ることも大事ですが、一番大事なことは

「出したくなったら、すぐに出す。我慢しない。」

これが一番大事だと個人的に思います。

女性の場合だと、恥ずかしさのあまり、我慢してしまう。

女性の便秘の原因のほとんどは、これだそうです。

便は腸の中に長く留まっていると、腸が水分を吸収して固くなり、

余計に出しにくくなるそうです。

 

しかも、ずっと便を出さずに我慢していると、腸が脳に便を出す信号をだんだんと送らなくなり、

便意自体が起こらなくなってしまうんだとか。

こうなってしまったらやっかいです。

 

ちなみにわたしは仕事中でも彼氏とデート中でも、

出したくなったらすぐ出すようにしています。

便秘を侮ってはいけません。死ぬことだってあります!

多少の恥をかいても、私は自分の健康をとります。

健康はお金じゃ買えません。あなたが職場やデート中にウ○コをしたり、

たとえ周りに「あの人ってトイレ長いし、よく行くよね」とか思われても、

誰に迷惑かける訳じゃないんですから。

 

むしろ、ウ○コを我慢して体調不良で倒れた方が、

よっぽど周囲に迷惑をかけますよ。

・・・って無駄に熱く語ってしまいましたが、「便意を我慢しない」ことがどれだけ大事か、分かってもらえたら幸いです。

 

その2. 呼吸は、深くゆっくり。

あなたは自分の呼吸は深いですか?浅いですか?

便秘の人は、呼吸が浅いんだそうです。

呼吸が浅いことの一番の原因は、ストレスによるところが大きいようで、

体が常に緊張状態にあるということだそうです。

 

セカセカしたり、常に気分が落ち着かず緊張状態の人は、交感神経が過剰に働き、

呼吸が浅くなるんだそうです。

反対に、副交感神経が優位になりやすい、のんびりしている楽天家の人は、呼吸も深く、

便秘にもなりにくいらしいです。

 

実際、私の現在勤めている会社に、仕事柄常にバタバタ動き回って

とてもセカセカしている女性がいるのですが、確かに彼女は便秘で悩んでいます。

おそらく、交感神経が過剰に働いているんだと推測します。

反対に、私の友人でマイペースで常にのんびりしている女性がいますが、

確かに彼女は便秘では特に悩んでいないそうです。

 

まぁ、働いてなく1日中家にいるので、ストレスもなくトイレにもすぐに行けるというのはあると思いますが。

ともかく、たまにはリラックスをしてゆっくり深呼吸をし、のんびりと過ごすことも

人生には必要です。あまり無理をせず、時にはガス抜きを!

 

その3. 猫背を治す。

姿勢が悪い猫背の状態だと、どうしても体が前かがみになり、肺を圧迫します。

肺を圧迫すると、呼吸時に上下に動く横隔膜の動きを妨げ、それが慢性化すると、

呼吸が浅くなるそうです。しかも内臓も下がるので、便秘にもなりやすい!

しかも猫背というのは、「体に長年染みついたクセ」なので、

「猫背矯正ベルト」みたいなその場しのぎの解決法ではなく、

根本から直していく必要があります。

整体やヨガ教室に通うのもいいですが、お金もかかりますし、

ヨガは難しいポーズも多く、毎日行うのはいささか大変です。

 

そこで、私が個人的に試してみていいと思った本を紹介します。

小顔のしくみ アゴを引けば顔は小さくなる! (青春新書プレイブックス)

 

元は小顔になる本ですが、確かに顔も小さくなりましたが、なにより

「猫背が治り、姿勢がよくなった」ことが自分としては大きいです。

弟や友人にも「姿勢がいい、良くなった」と言われたので、効果は確かです。

ちなみにこの本に書かれている体操のうち、私が実行したのは、

  • 舌だしひじ回し
  • 肩ほぐし
  • 首回し
  • ひねり手うで回し
  • 壁うで回し
  • ひじ回し
  • お尻たたき※
  • ひざ裏たたき※

です。約3か月程、寝る前にやってみました。

※がついているものは、時間がない時は飛ばしていました。

最初はちょっと大変かもしれませんが、慣れてしまえば以外と続けられます。

 

そしてこの本で一番のポイントは、

「肩を下げ、あごを引く」ことだそうです。

確かに猫背の人って、顔が前に出てて肩が上がって背中が丸まってますもんね。

定期的に肩を下げ、あごを引くよう意識するだけでも、大分違うと思います。

 

その5. うつ伏せになって、ゴロゴロする。

ためしてガッテン?かなにかのTV番組で拝見しましたが、

うつ伏せになってゴロゴロすると、腸の運動になって便秘にとてもよいそうです。

 

やり方は、

①お風呂に入って体を温める。
→お腹が温まっている方が、中の便も動きやすくなるんだとか。

②軽く水を1杯飲む。

③布団の上でうつ伏せになり、左右にゴロゴロ。
※寝返りを打つのでなく、あくまで左右に揺らす感じです。

④1分ゴロゴロしたら1分うつ伏せのまま休憩。

これを5セット行って、合計で10分行います。

これを毎日1回行いましょう。とても簡単です。

 

番組では、8分ぐらいしたら行きたくなる人もいました。

すぐには効果はでなくても、3日くらい続ければ、何かしら変化はあるはずです。

なんでも、普段やらない姿勢をすると、腸へのよい刺激になって

腸が活性化するんだとか。試す価値は有りです。

 

あと、この番組の中でやっていたもう一つ大切なことが、

「1日に1回は、食後8時間以上の空腹時間を設ける」

ことだそうです。

理由は、「小腸は食後、8時間経ってから活発に動き出す」

からだそうです。

8時間未満だと、「小腸が動き出す前に次の食べ物が入ってしまい、

そこからまた8時間経たないと小腸が動かないから」なんだとか。

これは、普通の食生活をしている人であれば問題ないかと思われます。

 

・・・まだまだあるのですが、とりあえず今日はこのへんにしておきます。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました 🙂

 

スポンサーリンク