観葉植物がすぐ枯れる?もしかしたら〇〇〇が原因かも。

植物
植物

よく

「植物を置くと風水的に良い」 とか、

「植物は邪気を吸い取ってくれる」

という話は、誰でも一度は聞いたことがあると思います。

実際、植物をオフィスに置くと、

心理的にも生理的にもストレスを緩和してくれる働きがあるらしく、

デスクワークの強い味方になってくれるそうです。

今いる会社は、確かに植物が1コも置いてないので、

ちょっと落ち着かない感じがするような気がします(^^;)

 

人気記事一覧

植物に関する不思議なお話。

植物にも感情がある?

専門学校時代に、こんな内容のワード文書が出題されたのを覚えています。

確か、ワードのタイピングの練習問題だったと記憶しています。

花や植物にも人間と同じように感情があり、「綺麗だね」「今日も元気だね」

などと話かけてあげると、それに答えるかのように、

花は綺麗な大輪の花を咲かせてくれます。

そして、時折、植物や花から「カサッ」と音がするときがあります。

これは、植物が私たちに話しかけている音なのです・・・

たしかこんな感じの内容だったと思います。(うろ覚えでスミマセン。)

その当時は、「そんな不思議なこともあるんだな」 ぐらいに思い、

特に気には留めていなかったのですが、

実際、我が家の植物にこの文章と同じような現象が起こり、

 

「植物って、ずっと悪い言葉を浴びていると枯れてしまうのかな?

よい言葉をかけてあげることは、やっぱり大事なのかな?」

としか思えないような不思議な出来事がありましたので、

下記に記していきます。

 

人間の毒気で、植物は枯れる?

私の家には2年くらい前まで、

おばあちゃん(私の父親の母親)が一緒に住んでいました。

そのおばあちゃんは、昔はとてもしっかり者だったのですが、(というか恐かった!)

80歳を過ぎて認知症がどんどん酷くなり、

しまいには家族に対して暴言を吐いたりするようになりました。

 

例えば、

「あんたら人の家に勝手に居座って、家賃とか水道代払え!」

→家族をよその人だと思ってる?

「この家の人はご飯もよこさないで、とんでもない家だ!」

→さっき食べたのに(汗)

 

等、時たま私達家族が誰だか分からなくなり、

「よその人が家に勝手に上り込んでいる」と、勘違いをするようになりました。

※分かるときは大丈夫なのですが、時たま家族が分からなくなるのです。

ずっとならまだしも、定期的に起こるので、医者も不思議がってました。

私の父も短気な人なので、

おばあさんの言うことにまともに受け答えをしてしまい、

それでよく言い合いになっていました。

母はというと、たまに言い合いにはなるけど、

それでも祖母の面倒はしっかりみていました。

本当、尊敬に値します。

そして、このころは、本当に植物が育たなかったです。

すぐ枯れます。

ちゃんとお水もあげて、普通に育ててるのに・・・。

植物は主にリビングに置いてあったのですが、

ばあさんの部屋がリビングの真横ということもあり、

その植物たちは可哀そうに、おばあさんが発する毒気を毎日モロに受けていました。

※大体モメる時はリビングで揉めていました。

確か、あんまりにも枯れるので、一時期外に出していたこともありました。

 

家が平和になったら、植物も元気に?

・・・そして今から約1年程前、

これ以上おばあちゃんを家で見るのが難しくなり、

ついに老人ホームに預けることになりました。

家には、今までにない静かな時が流れるようになりました。。。

今では、リビングに置いてある観葉植物達は、

青々としたきれいな葉を茂らせ、元気にすくすく育っています。

その中の一つ、やたらツタの長いポトスがあるのですが、

この前ツタの長さを測ったら、ゆうに150㎝は超えていました(!)

あまりにも長いので、普段は上に巻いております。

今思えば、おばあちゃんの放つ言葉の毒気にやられていたのでしょうか。

別のいいかたをすると、悪いものを一生懸命吸い取ってくれていた、とも考えられますね。

植物が悪い言葉を聞いても枯れてしまうんだから、

人間にもなにかしら悪影響はあってもおかしくはないですよね。

 

実際、人の悪口を言ったり、悪い言葉やネガティブな言葉ばかり使っていると

それは自分に言っているのとイコール=になるらしいです。

つまり、自分がその言葉通りの人間になってしまうんだとか・・・。

言霊という、言葉には力が宿るという考えもあるぐらいですから、

私達も普段発する言葉には気を付けていきたいものですね。

 

今日も、最後まで、ありがとうございました!

スポンサーリンク