お金持ちの行動や思考。

お金持ちの特徴
お金持ち

 

「お金持ちの行動や思考」

というと、なんだかすごい人を想像してしまうかもしれませんが、
今回は私が以前勤めていた会社の会長のお話をします。

その人は、地元ではわりと有名な資産家で、
元々家が不動産などの色々な資産を持っており、
それらをうまく活用してマンションや施設等を建て、家賃収入を得るといったことを行っていました。
世間でいう権利収入・不労所得といった感じでしょうか。

私はその人の秘書とかではなかったのですが、
仕事でよく接する機会があったので(言っておきますが愛人とかではないですよ)
今回は私がその人を見てきて感じたことや特徴、どういった考えや物の見方をするのかを述べていきます。

ちなみに、仕事についてはあまり詳しく書くと分かってしまうかもしれないので、
簡単に受付をやっていたとしておきます。。。

 

うるさい場所や音を嫌う。

よく扉等のオイルが切れてくると、ギギッという音がしますよね?
彼らはアレをすごく嫌います。
すこしでも音がしてくると、一目散にオイルを垂らしたりします。

あと、靴音のカツカツした音や、
とにかくうるさい音や場所を嫌う傾向がある気がします。
基本、静かな場所が好きなようです。
お金は静かで暗い場所を好むと聞きましたが、それと関係があるのかな?

それに比べ、現在の会社はドアの音がきしもうがお構いなしです。
社員10人程の小さい会社なので、忙しくてそこまで回らないというのもあると思いますが、
実際、お金○ちとはほど遠い・・・。

・・・あなたの家は、大丈夫でしょうか?

こんな商品もあるみたいなので、気になっている方は是非。

蝶番のクスリ

 

香りにこだわる。

彼らは、空間に漂う香りにもこだわります。
ゲストが来たりすると、香りでもおもてなしをする習慣があるようです。
それも安っぽいアロマなどではなく、
貴重な天然沈香を使用したお線香のお香を焚いていました。

どちらかというとお客様にご年配の方が多かったので、
その場所ではお香にしていたと思われます。

香りは場所や人を演出するとても大事なアイテムです。
時にその人の人格まで変えてしまう効能があるといわれています。
それをうまく活用して人生を豊かに過ごしていきたいですね。

一方で、クサイ臭いや嫌な臭い、とくにカビクサイ臭いにはとても敏感ですごく嫌います。
臭いが人に与える影響を、よくわかっていると思われます。

 

よいものを長く使う。

彼らは、「安物買いのゼニ失い」という感覚がないようで、
家具などは家具職人さんのオーダーメメイドの家具を使用していました。
そして定期的にオイルを塗って艶を出したりと、
家具を“手入れ”するのです。
これは普段生活している私達には、あまりなじみがないことだと思います。

 

自分の好きなことに使うお金は惜しまない。

彼らは自分の趣味や好きなことに関してはお金を惜しみません。
その人はジャズがとにかく好きで、家にドラムセットや楽器があったり、
色々な美術品等を購入していました。
しかもその美術品も、安いうちに目星をつけて買っておけば、
だんだんと値段が上がり、そのまま資産になるといった感じです。

 

本能のままに生きている。

こうしたい、ああしたい、と、常に自分の願望を口に出していました。
自分のやりたいことにとても素直なんでしょうか。
ですが、悪くいえば「わが○ま」ともとれます。
願いは口に出したり紙にかくと叶う、といいますが、まさにそれ?

 

ドケチというより節約家。

とにかく無駄な出費に敏感です。ドケチというよりは、
「無駄なお金は一千も使いたくない」というしまり屋です。
そこまでするか?!というぐらいにとことん締めます。

例えば、オフィスに設置している豆電球を安くて持ちのいいものに変えたりと、
とにかく無駄遣いにはとても敏感です。
あと、「税金なんて払いたくない」とも言っていました。
そのかわり、ご自分の好きなものや趣味等には喜んで使います。

 

昔からの儀式とかは大事にする。

不動産業界では、土地の上に建物を建てる際、地鎮祭という儀式を行います。
これは、その土地に昔から住んでいる地縛霊等を鎮めるため、ともいわれています。
こういった昔からの風習・習わしを、とても大事にします。

あと、例えば病院跡地など、いわくつきの土地は絶対に購入はしません。
そういった目に見えないものを重視しているように思えます。

 

音にこだわる。ジャズを好んで聞いていた。

彼らは音楽を聴くときは、音にとてもこだわります。
ボーズの質のいいアンプを設置し、自分の好きな音楽を聴きます。
その人はジャズが好きなようで、小学生のころから好んで聞いていたとか。
なんておませな子供。

 

「自分は運がいい」と自分で言っている。

もともとの運がいいのか、それとも口にだしているとだんだんそうなるのか。
卵が先か鶏が先かの話ですが、口に出していうことが大切なのは確かだと思います。
彼がいうには、こうしたい・ああしたいと考えると、必ずそれに必要な人に出会うらしいです。
引き寄せる力が強いのかな?イコール、運がいい?

 

時間にルーズ。

これだけは私には理解ができない所でした。
私の中ではお金持ちは時間にすごくしっかりしているイメージがあったのですが・・・。
業者ならともかく、お客様も待たせるのは日常茶飯事。
待たせているこちらが申し訳ないような気分になります。
特に物を売ったりしている商売ではなく、お金は家賃収入で勝手に入ってくるから、
別に相手がどう思うが困らない、むしろこっちは時間を割いて会ってあげている、
なんて思っているんでしょうかね。

 

動きがゆったり。マイペース。

余裕があるからなのか演出なのか、ドタドタと走っている所を見たことがありません。
貧乏ヒマなし、という言葉がありますが、まさにその反対ですね。

 

お財布はマネークリップ。

長財布=お金持ちは、あまり信憑性がないみたいです。むしろ、メディアがつくった嘘のように思えます。
私が見た限りでは、マネークリップを使っていました。もしかしたら他にもお財布があるのかもしれませんが。

 

とにかく色んなところに出掛けている。

とにかく関心するくらいに色々な場所に出張に行きます。
今日は名古屋でその次の日は東京出張とかも珍しくありません。
人脈作りやその他色々な情報を仕入れるためでしょう
もうご高齢なのに、よく体がもつなと感心します。

 

笑顔が綺麗。かなり練習している?

写真に写る笑顔がとにかく綺麗です。
そのまま素材のモデルでもなれそうな勢いです。
常に意識して練習していないとあそこまで綺麗にはならないです。
笑顔が人に与える影響の重要性をわかっているのかもしれません。

 

常に色んな所に注意を向けている。

常に色々な場所にアンテナを張っています。
急に質問されたりするので、油断なりません。
そうやって、常に世間の動向をキャッチしているのでしょう。

 

車にはあまり興味がない。

世間でいう高級外車(ポルシェとかベンツ、BMWなど)にはあまり興味がないようでした。
車なんて乗れればいいという感じです。
擦ったあとがあっても修理などせず、気にしない、という感じです。
それよりは、美術品等の収集や陶芸等、芸術に関心があるようでした。

 

女遊びはあまりしない。

付き合いでクラブや飲みに行くことはあっても、
若い子をはべらせたり愛人を沢山作ったりするタイプではなかったです。

 

人の話しを、聞かない。。。

・・・ちょっとワンマンの傾向がありました。頭はとてもいい人なのですが。

 

人とちがうことをしたがる。

とにかく人と違うことをする、常にオンリーワンを目指していました。
だれもやらない&できないことをやる。つまりは、
「競争をする必要がないオンリーワンの仕組みをつくる」
ということにとにかくこだわっていました。

 

人をこき使うのがうまい。

自分は動かずにいかに相手を使うか?そういう考えの人でした。
お金持ちはそういう傾向ありますよね。人を使うのがうまいというか。

 

声が小さい。

注意して聞かないとわからないくらいにボソボソと話をします。
怒鳴ったり大きな声を挙げたりすることは見てきた中では一度もなかったです。
金持ち喧嘩せずとはいいますが、まさにこのことでしょうか。
ちなみに、声の大きな人は感情のコントロールが苦手で衝動買いしやすいとか。

 


 

とりあえず、こんな感じですかね。元々実それらをうまく活用して財を形成しているといった方なので、
1から自分で全部構築していったという人ではないんですよね。

どちらかというと、経営者というよりはアーティストといったちょっと特殊な感じの方なので、
世間一般のお金持ちとは少し違うと思われる所もあるかと思います。
まあ、お金持ちといっても人によって色々な人がいるわけですから、
こういった人もいるんだ、程度に参考にしてくれれば幸いです。

今日も、ありがとうございました!

スポンサーリンク