あなたもやってない?新しい会社や部署で孤立しない為に

新しい職場
新しい職場

私はお恥ずかしい話、何回か転職をしております。

といっても前の会社に勤めていた時に色々な部署に回されたおかげか、新しい環境に身をおくのがそれほど苦ではなくなりました(笑)

特に、3月~4月は部署が移動になったり、新しい職場で働くことになったりと、何かと環境が変わりやすい月ですもんね。

遅刻をしないとか当たり前のことはもちろんですが、会社や部署が変わった時、

新しい環境で身を置くことになったときにいかに周囲と上手くやっていくか?

段々とコツがわかってきたので書いていきます。

人気記事一覧

転職や部署を移動した際に注意すべきこと。

1.自己主張は控えめにすること。

これは私の上司だった人の話になりますが。

中々個性の強い人で、とにかくなにか一言言わないと気が済まない、自己主張してなんぼの人でした。

アメリカとか海外だったらその人の個性としてみてくれるかもしれませんが、これを日本でやってしまうとたちまち総スカンくらいます。

結局その人は取引先の専務から恨みを買ってしまい、嵌められていました。日本はまだまだ周囲と足並みそろえてやっていくような風潮がありますからね。出る杭打たれるというか。

それに会社に勤めている以上、仕事をうまくこなしていくにはどうしても周囲の協力が必要になってきます。

とくに女性の場合は、いくら仕事ができる方でも、あまりでしゃばりすぎると周囲から嫌われる傾向にあるような気がします。

地方の、ご年配の方が多くいる職場だと「女は男を立ててナンボ」とか思っているおじいさん達が沢山いますから。。。

2.最初の半年くらいは大人しくしていること。

入ったばかりから「よし、自分が革命起こしてこの会社変えてやるぞー!頑張るぞー!」と意気込むのはいいことだと思います。

ですが、最初の半年くらいは、謙虚に大人しくしていた方が懸命かと思います。

最初から走り過ぎたり自己主張ばかりしていると、正直まわりからウザがられます。

いくらあなたが前の会社で素晴らしい実績をあげていたとしても、新しい会社の人には知る由もありません。

それに、新しい会社はその会社なりの昔からのやり方やルールが決められていますから、それをいきなり無視して「こちらの方がよい」と言ったところで、

正直だれも相手にしてくれません。

大体半年くらいするとその会社のことがだんだん分かりはじめてくるので、何か提案をするにしても半年は様子を見ておいたほうがいいかもしれません。

3.長く勤めている人の真似をしないこと。

これはどういうことかといいますと、その会社に長くいる人は実績もある程度あり、その会社にすっかり馴染んでいる為、仕事中に割と好き放題している人がたまにいます。

気を付けなければいけないのは、近々辞めることが決まっている人で

「もう辞めるんだし、こんな会社もうどうでもいーや」と思っている人です。

そういう人達がネットとか見て好き放題している人がいた場合、先輩がやっているからいいか・・・とつい同じことをしてしまうと、

あなたが上から目をつけられてしまう可能性が高いです。

辞める人のことなんて、上司はもうほとんど見ていない可能性が高いですからね。

そんな人がしていることを真似してしまうと、ゆくゆくはあなたに火の粉が飛んでくることになるかもしれません。

4.余分なことを言わない。

「口は災いのもと」っていうことわざがありますよね?あれです。

過去記事にも似たようなことを書きましたが。

「必要以上の口を聞いてはならない。」この格言は奥が深い。

物事がややこしくなる原因は、言わなくてもいい余分なことを言ってしまうが為に起きていることが大半だと思います。

もちろん、ややこしくなるのはこれ以外にも他に原因はあるかとは思いますが。

実際、私が現在勤めている会社にもこれに該当する方がいらっしゃいます。

その方は明るくてムードメーカーな感じでよい方なのですが、人の噂話や先生のグチなど、言わなくてもよいことをあまり一目を気にせずにペラペラ話すのでちょっと・・・と思うことが多々あります。

この人はいい人なんだけど・・・。っていう人は、大体余分なことを言って物事をややこしくしてしまっている可能性が高いです。

5.前の会社の話を極力しない。

これは説明しなくても分かるかと思いますが。

本人にそんな気はなくても、前の会社の話をされて気分よくなる人はあまりいないかと思います。

だったら前の会社に戻れば?って誰だって思うと思いますしね。

聞かれたら答えるとかならいいかもしれませんが、極力自分からは前の会社の話はしない方が賢明です。

もしかしたら、そこの部署の人が前の会社の人と知り合いだった・・・。なんてこともあるかもしれませんからね。

6.誰かの噂話に乗らない。

どこの会社でも人間関係でなにかしら抱えています。問題がない会社なんて正直ないと思います。

そして中には、職場の人の噂話が大好きな人というのもいるものです。

長く勤めているお局のおばちゃんなんかがその傾向にあるような気がします。

彼女たちがお昼の時などにそういう話をしていたとしても、正直乗らない方が賢明です。

そういう噂話が好きな人は、ちょっとしたことでも大げさにして根ほり葉ほり色々な人にいいふらします。

そしてあなたがその仲間に入ってしまうと、今度はあなたのあらぬうわさも流される可能性が高くなります。

決して同調せずに、うまくスルーしましょう。

まとめ。

職場でうまくやっていくのって、仕事うんぬんよりもなんだかんだ言って人間関係の部分が大きいと思います。

人間関係が円滑なら、仕事の方も自然と上手くいくものです。

反対にいくら優秀な人でも、周囲の人から嫌われてしまっては、うまくいくものもいかなくなるんじゃないかと思うのです。

以上、今日もありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク