歯並びや横顔でお悩みの方へ。改善方法は?歯科矯正?

Eライン
綺麗な口元

あなたは、ご自分の横顔をまじまじとみたことはありますか?

横顔で悩んでいる方は、意外と多いと思います。

かくいう私もそうでした。

高校時代、私は吹奏楽部に所属していました。

そしてその時の演奏風景を後輩の一人が撮影をしてくれて、あとで写真を頂きました。

が、その写真に移った自分の姿を見て私は愕然としました。

・・・なんか、口元がもっこりしてる。

それまで横顔なんて特に気にもとめていませんでしたが、この写真をみてちょっとショックを受けました。

 

日本人には、横顔の美学がない?

私は子供のころ、歯科矯正をしていました。

その頃の私は顎が小さかったので、顎を広げる機械を装着することになりましたが、これがサボると痛くて痛くて。

2・3日サボっただけで、もうキツくなるのです。

途中で痛くて嫌になって治療自体を辞めてしまいました。

昔はどうも、こういう顎を広げて矯正する治療が主体だったのか?

大人になり、歯並びは綺麗なんだけど、口元全体がもっこり出ている人達を結構見てきました。

おそらく、子供の頃矯正をしていて、顎を広げる治療を受けてきた人達なんだと思います。

 

横顔が美しくない人の特徴。

横顔が美しくない人の特徴として、「鼻が低い」「口が出ている」「顎がない」

などがありますが、一番の大きな原因は、「口元」にあります。

口元が出っ歯などで出ていたり、受け口等で下顎が出ていたりすると、とたんに美しくなくなります。

ですがこの口元、意図的に改善することが可能です。

 

美人の条件、Eラインの重要性。

Eラインをご存知でしょうか?

Eライン

上記の写真のように、鼻と顎を線で結んだラインを、Eラインと呼びます。

このラインよりも内側に口元が入っていることが、横顔を美しく見せる上で大事な定義なんだそうです。

試しに、テレビに出てくる女優さんやタレントさんをよく観察してみて下さい。

おそらくほとんどの方が、このラインの中に口元が治まっているかと思われます。

それくらい、このEラインは美しい横顔を作る上で需要になってきます。

 

人気記事一覧

横顔を綺麗にする対策

鼻を高くする。

鼻が高い人は、低い人にくらべてEラインができやすいという特徴があります。

西洋人なんかは特にそうですよね。

あちらでは、逆に鼻が高すぎるので、低くする整形を行う人が多いそうです。

日本では考えられませんよね。

鼻を高くするには整形という方法もありますが、ちょっと怖いですよね(・・;)

私の場合、こういうPC操作をしている時に、シンクロの選手が使用している鼻栓を鼻につけたりしています。

付けた直後は、確かに鼻が高くなります!

しばらくすると元にもどってしまいますが、継続して行っていくことで効果はあるかもしれません。

 

舌を上あごにベッタリつける。

舌を上あごにしっかり固定していると、口呼吸を防いでくれる役割があります。

たまに口がポカンと開いている人がいますよね?そういう人は、この口呼吸になっている可能性が極めて高いです!

口呼吸になると、上顎は広げられず狭くなり、その分前に出てしまい出っ歯になってしまいます!

しかも鼻というフィルターを通さずに空気が直接肺に入る為、風邪をひきやすくなったりといいことナシ!

しかも、見た目もカッコ悪い。

試しに、下を上あごにつけた状態で口で呼吸をしてみてください。

できないでしょ?

この舌の位置が下の方に落ちている人(低舌位といいます)は、舌の筋肉が弱くなって顎が二重あごになっている可能性が高いです。

チェックする方法としては、自分の舌の先に歯型がついている人は、この低舌位の可能性が高いです。

対策としては、

  • 舌を上顎につけて“ポン”と鳴らす
  • 舌廻しをする

等、舌の筋肉を鍛えるといいそうです。

そして子供の頃から意識して舌を上あごにつけていると、上あごが成長して顔の中心が高くなってきて、顔が立体的になってくるそうです。

顎が広がるから、歯並びも矯正いらずになるそう。

私もこの方法を知って、(もっと子供の頃に知りたかった(;;))意識して舌を上あごにつけるようにしていたら、ある程度横顔がマシになってきました。

以下、私の昔の写真と今の写真を見比べてみましょう。

yoko-hikaku

左の写真は22歳くらいのころ。右の写真は、現在32歳のものです。

多少ですが、鼻が前に出てきてEラインが整ってきたのがわかります。

ですが、この方法は子供のころから意識してやっている分にはいいのですが、ある程度大人になってしまうと、この方法ではどうしても限界があります。

私の場合顎が小さいからか、口元が引っ込んでくる代わりに歯並びがガタガタになってきてしまいました。

 

口元を綺麗にするには?

上記の方法を紹介してきましたが、これらはあくまで予防であって、根本的な解決にはなりません。

横顔が残念な人の特徴は、「口元が出ていて顎が引っ込んでいる」ということ。

これらを解決するには、正直「矯正治療」しか方法がありません。

私も色々試してみましたが、結論はこれに至りました。

それに、鼻が低いと思われる人達でも、「口元が出ているから鼻が低く見えている」可能性は十分にあります。

なので、矯正治療で口元が引っ込んで来れば、相対的に鼻も高く見える可能性は十分にあります。

それに、矯正治療を行うことによって、本来の歯の位置が正しい位置に並んでくると、噛みあわせが整い、顔のゆがみも改善してくる可能性があります!

綺麗な口元だけでなく、整った顔立ちまで手に入る可能性があるなら、試してみるにこしたことはないですよね。

私も矯正中ですが、私の弟(かなり出っ歯だった)も、最近矯正が終了しまして、

矯正前は出っ歯でカッパみたいな横顔だったのが、今では口元がすっきりしてかなりイケメンになりましたよ(^^)

 

女性の方で、男性の先生だと相談しずらいという方は・・・。

「男の先生よりも、女性の先生の方が色々話しやすそう・・・」

「女性の先生の方が、男の先生には分かってもらえない女心とか分かってくれそう・・・。」

・・・確かに。私も女性なので、よくわかりますよその気持ち。

見た目のコンプレックスって、確かに他人には話しづらいですよね。

男の先生なら、なおさらです。

そういう男の人には話しづらい話を本音で話せるのは、やっぱり同性の先生。

そういう人には、南青山矯正歯科クリニックがオススメです。

こちらのクリニック、なんと女性歯科医師が女性のためだけに矯正治療を行ってくれている矯正歯科なのです!

そしてただ矯正するだけでなく患者さんの様々なニーズにお応えして、スタンダードのワイヤー矯正はもちろん、見えない裏側矯正やマウスピース矯正まで、幅広い治療を行っているのが特徴です。

特にこの南青山矯正歯科がお勧めしている治療に、ケンラインという特注のマウスピースを歯に装着し、徐々に歯を動かしていく矯正法があります。

この治療のメリットとして、

  • 歯が動くスピードがゆっくりなので、矯正時の痛みが軽減できる
  • マウスピースが透明なので、周りにバレにくい
  • ワイヤー矯正と違い、好きな時に取り外しができる

等の特徴があります。

しかも、モニター募集も行っており、治療内容によっては100%OFF(無料でできる)のものもあります!

肝心の矯正料金ですが、43万円〜92万円程度と他院の同治療と比較して割安です。

矯正治療は健康保険が適用されないので、どうしても割高になりがちです。

ですが、医療費控除が適用になる可能性もあるので、費用の一部は戻ってくる可能性もあります!

その事も含めて、一度ご相談にいかれたらいいかと思います。

支払方法ですが、現金、クレジット、メディカルローンなどあります。

月々の負担を軽くしたければ、ボーナス時期に合わせて頭金を多めに入れて分割支払いをすればよいかと思います。

例:48回の分割払いで治療を行った場合・・・月額9,000円〜19,000円ぐらいになります

クレジット払いを利用する際は、VISA、Master、楽天カードで回数指定の分割が可能です。

本気で歯並び&横顔に悩んでいるなら、こればかりはどうしても避けては通れません。

が、この金額でコンプレックスとおさらばできるって考えたら、決して高い金額ではないと思います。

しかも歯は一生ものですし、これから先50年生きると想定すると、仮にトータル70万かかったとしても、70万÷600日で月々約1,200円です!

月々1,200円でこれらのコンプレックスから解放されるなら、やるにこしたことはないですよね。

歯科医師、スタッフ、患者さんも、全て女性なのはココ南青山矯正歯科だけです。

女性の気持ちは誰よりわかってくれます。きっと、コンプレックス解消のいいきっかけになるかと思いますよ。

▼▼女性専用医院の詳しい情報はこちらから▼▼
南青山矯正歯科クリニック

 

 

世界最先端の治療を受けたいなら・・・

先程紹介したケンインラインと同様、マウスピースを使用して矯正をするインビザラインという矯正治療があります。

インビザラインは、先ほどご紹介した南青山矯正歯科でも出来ます。

が、今から紹介するコスモルソ表参道という医院は、インビザラインの分野で様々なメディアに掲載され、多くの経験と実績を上げている医師が在籍しています。

このクリニックは、インビザライン界を牽引している医師がいる、とても人気が高いクリニックなのです。

この治療は世界でも最先端の歯科矯正治療ですが、なぜか日本ではあまり広がっておりません。

昔ほどではないにしろ、日本では歯科矯正自体があまり浸透していないというものあるかもしれませんね。

話を戻し、このインビザライン治療というのはケンライン治療同様、透明のマウスピースでの矯正になります。

ケンインライン同様、食事や歯磨き時に取り外しも可能&ワイヤー矯正と比べて痛みが少ない&短期間での治療効果が期待できるので、大人の歯科矯正として今注目を浴びている分野です。

社会に出て働いたりしていると、どうしても周りの目がきになりますしね。接客等を仕事にしている人ならなおさらです。

ケンラインとインビザラインの主な違いは、

  • 費用
  • 初回の装置をはめるまでに必要な期間
  • 作っている場所(インビザラインは米国、ケンラインは日本)
  • 歯を動かす量
  • マウスピースの形(インビザラインは歯だけを覆う ケンラインは歯茎まで覆う)

インビザラインの方が歯を動かせる範囲が大きい分治療効果が期待できますが、その分料金もちょっと割高です。

※一般的な症例で30万円〜110万円。48回払いで月々6250円〜22000円程度。

あとはどの程度の矯正効果を期待するかになってきますね。

ただ、コスモルソ表参道には日本に数十人しかいない「プラチナエリート・プロバイダー」というインビザライン治療の上位認定を受けている医師が在籍しているそうです。

もちろん、人によって矯正に期待すること、料金、治療方針、価値観は様々なので、とりあえず無料カウンセリングだけでも受けてみるといいと思います。

▼▼インビザライン矯正の詳しい情報はこちらから▼▼
インビザライン

 

最後に・・・。

歯並びでお悩みの方、一度だけでもいいのでその道の専門家の方に相談してみるという方法もあると思います。

一人で鏡とにらめっこしていても、何一つ解決はしません。

インターネットで調べても、その根本原因を解決できる方法なんて出てきませんよ。

ネットの情報自体、宛てにならないことが多いですから。

だったら、さっさとその道のプロに相談した方がてっとり早いです。

それに、あくまでカウンセリングですから、お金もかかりませんし、押し売りもありません。

矯正治療は時間もお金もかかる根気のいる治療になりますから、正直踏みとどまる理由もわかります。

が、これで長年のコンプレックスから解放されることを考えると、検討する価値は十分にあるかと思います。

ちなみに、短期間で直したいなら審美歯科という方法もありますが、歯を削って差し歯やインプラントで人工的に整えるよりも、私は矯正歯科をオススメします。

なにせ、自分の歯で食事ができるに越したことはないですからね。

 

まとめ・・・。

歯並びや横顔のラインは、正直言ってしまうと自力で改善することは不可能です。

こればかりは、医学の力を借りるより他はありません。

矯正治療をうけることがすべてではないですが、歯並びを整えるということは、見た目の問題だけでなく噛みあわせが整ったり歯周病の予防につながったりと、健康面でもプラスになることが多いのです。

将来を考えた上では、十分にいい投資になるのではないかと思います。

そこを踏まえたうえで、後悔のない選択をしたいですよね。

この記事が、皆様のお役に立てれれば幸いです。長々と、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク