こうやればいいのか。写真撮影時の理想的な笑顔の作り方。

スマイルライン

皆さんは、写真を撮影してもらう時、どうしても笑顔がうまく作れない・・・。

と思った事はありませんか?

私がそうです(><)元々歯並びが良くない上に、昔から写真を撮るときに笑顔がつくれない(;;)

作っても、わざとらしい笑顔になる・・・。

ずっとカメラを避けて生活していましたが、ある時、ふと良い方法が浮かびました。

今日はそれを紹介しちゃいます。

理想的なスマイルラインとは?

ちなみにスマイルラインとは、笑顔をつくった時に見える下唇のラインと上前歯の先端を横に結んだラインのことです。

スマイルライン

これが前歯と下唇はほぼ平行し、なだらかなU字の曲線となるのが理想なんだそうです。

そして下の歯は見えないのが理想だそう。

人気記事一覧

最高の笑顔の作り方。

やり方。

①舌を上あごにベッタリつける

②口角をあげる。

③奥歯を左右均等になるように下の歯にグッとかみしめる

④オトガイ(顎のこと)に少し力を入れる。

たったこれだけです。

奥歯をグッと噛みしめることで、自然とキレイなスマイルラインになり、口角をあげることで下の歯も唇で隠れて見えなくなります。

これが奥歯が浮いた状態だと、どうしても不自然な締まりのない笑顔になってしまいます。

おそらく雑誌等に出ているモデルさんは、これが自然にできているんだと思います。

まとめ。

奥歯をかみしめることによって、左右が均等になり、バランスのよい笑顔になるかと思います。

写真を撮影することがある時は、是非やってみて下さい。

今日も、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク