あなたは大丈夫?舌の位置が下がると姿勢が悪くなる。

舌の位置
舌

皆さん、普通にしている時って、舌の位置はどこにありますか?

えっ、この人いきなり何を言い出すの??

と思ったかもしれませんが、実はこの舌の位置が、姿勢と大いに関係があるのです。

おまけに、この舌がどの位置にあるかによって、歯並びにも影響してくるとか。

 

人気記事一覧

舌の位置が下がると、姿勢も悪くなる?

正常な舌の位置は、舌の先端を前歯の少し後ろにある突起にあて、

舌を上顎にベッタリつけるのだそうです。

この舌の位置が正常だと、姿勢も自然とよくなるのだとか。

試しに、猫背気味になってみて下さい。舌も自然と上顎から離れていってしまうはずです。

次に、頭をあげ、斜め45度を見上げ、舌を上あごに付けてみてください。

さっきよりも、違和感なく自然にくっけるようになると思います。

舌の位置

このイラストのように、舌って常に上あごにベッタリつけてるのが正しい位置なんだとか。

こうすることで、口呼吸になってしまうのを防いでくれる働きもあるそうです。

人間の頭って、意外と重たいのをご存知ですか?

舌には、その重たい頭を支える役割もあるのだとか。

つまり、舌の位置がさがるってくると、その分姿勢も悪くなり、

しいては口の中の歯並びにも影響してくるそうです。しかも二重あごにもなる(>_<)

たまにテレビに出てる人で、特別太ってもないのに二重あごになってる人っていますよね?

それは、この舌の位置が下がることによって、

フェイスラインがたるんでしまっている可能性があります。

 

舌の位置を正しい位置に戻すには?

常に意識して舌を上あごにつけるようにする。

常に意識することで、舌がいまどの位置にあるのか、自然と気になるようになるはずです。

私もこの舌の位置を気にするようになってから、フェイスラインがすっきりし、

二重あごが改善された気がします。

姿勢を正す。

常に頭を首の上に乗せるイメージで、斜め45度を見上げます。

頭をあげていくと、自然と舌が上あごにつく位置があるはずです。それが正しい姿勢。

この姿勢を常に意識していくことがポイントだとか。

舌を上あごにつけ「ポン」とならす。

舌を思い切り上あごに吸い付けるようにし、一気にはなします。

この時、「ポン」という音がするはずです。

小学校の頃、クラスにこういうことやってる人いませんでしたか?

この体操は、舌の筋肉を鍛え、舌を上あごに着けやすくする効果があるのだとか。

1日30回×3を目安にやると効果があるみたいです。

まとめ

姿勢と舌の位置には、大きな関係があります。舌には、

人間の重い頭をささえてくれる役割も担っているのです。

これは、ちょっとした心がけで十分改善できるもの。知っておいて、損はないはずです。

↑以前名古屋の方の矯正の歯医者さんへ行ったことがあるのですが、その病院の先生が書いている書籍になります。この本に、舌を上あごに着けることの大切さが、詳しく記されています。

 

スポンサーリンク