WEBデザイン技能検定忘備録2。

lgi01a201408040500
著作者:Freepik.com

なかなか勉強してみると奥が深いWEBデザイン技能検定。

3級は実技はとても簡単なのですが、学科が難しい(××)

その点、2級は学科は3級とさほど変わらないらしいのですが、実技が難しい。

できることなら、満点めざして頑張ります!

※平成25年第2回試験問題過去問。

前回はこちら。

 

人気記事一覧

WEBデザイン技能検定(3級)の勉強開始2。

第11問.ブラウザで「<」を表す場合、文書内ではどのように記述するか。

「<」

文字表記 表示される文字
"  “(クォーテーション)
&  &(アンパサド)
<  <(小なり)
>  >(大なり)
   空白

 

第12問.IMAP4通信に用いられるポート番号は?

143

ポート番号 サービス/プロトコル
20 ftp-data
21 ftp
22 ssh
25 smtp
80 http
110 pop3
143 imap
443 https
587 submission

 

第13問.懸賞表示法の一般懸賞について、5,000円未満の商品やサービスの利用者に対して設定できる景品の限度額は?

取引金額の20倍。

5,000円だと10万円。

500円だと1万円。

 

第15問.ラスタ形式における画像の最小単位は?

ピクセル。

ラスタ形式・・・画像処理に向いているフォトショップ等。ピクセル数が多い程画像が綺麗になる。

ベクタ形式・・・イラストレーターなどに向いている。どんなに拡大縮小しても荒れない。

 

第16問.VDT作業ガイドラインで、一連続作業時間の基準と定められる時間数は?

1時間を超えない。

快適なVDT作業のために

 

第18問.可逆圧縮とは?

圧縮前のデータと圧縮後に伸長したデータが完全に一致する圧縮方法。

プログラムや文字データに用いられる。

1文字でもかけると全く異なる結果になってしまうからです。

 

第19問.CSSのフォントファミリーでゴシック系フォントは?

sans-serif

フォントの種類 指定するフォント名
ゴシック系フォント sans-serif
明朝系フォント serif
草書体系フォント cursive
装飾フォント fantasy
等幅フォント monospace

 

以上です。次は、第3回です・・・。

 

 

スポンサーリンク