ブラケットが部分的に外れたので接着&上顎にワイヤーを通す。

ワイヤー
ワイヤー

2016年7月11日、今日は仕事が終わったら矯正の歯科へ直行しました。

取れたブラケットをつけてもらう為です。

抜歯3本目。これがトラブルがあって大変でした。

取れたブラケットが当たっていたいのなんの。

仕事中、ずっと耐えてましたT_T

歯医者に着いたら、さっそく処置開始です。

まずは、ブラケットが取れたところを歯科衛生士さんが着けてくれます。

この歯科衛生士さん、テキパキやってくれるんですが、結構バシバシやるので、ちょっと怖いです(>_<)

多分、時間の都合とかあるからなんでしょうけど。

そうこうしてるうちに、取れた所のブラケットが着きました。

 

人気記事一覧

上あごにワイヤーが通りました。

そしてこの後、てっきりブラケットを付けるだけだと思ったのですが、上顎にワイヤーを通すことになりました。

ええっ、急に??とれたとこ付けるだけだと思ってたのに、聞いてないよぉT_T

怖がってたら、先生が丁寧に説明してくれました。

 

今から使用するワイヤーは、一番弱くて細いものらしく、痛み自体はそこまで強くはないそうです。

ワイヤー断面も丸いものを使ってるらしく、これが四角いものだともっと痛いんだとか。

ワイヤーは形状記憶合金というのを使用してるらしく、冷やすと簡単に曲がり、あたためると段々と元の形に戻っていくそうです。

この性質を利用して、私の体温でワイヤーを温め、形状記憶した形まで歯を動かしていくんだそう。

そして、ある程度歯が並んだら、段々と太くて硬いワイヤーに変えていくみたいです。

 

なんでも、昔は最初から太くて硬い鉄のワイヤーを使ってたみたいで、今は技術の進歩で大分治療が受けやすくなったんだそうです。

この先生は、優しくてとてもマジメな先生です。

質問すると、ちゃんと丁寧に説明してくれるし。ここにしてよかった(^-^)

そして先生が、ワイヤーを上あご全体に通し、ブラケットの蓋を閉めました。

2~3時間すると、痛みがでてくるかもしれないとの事です。

 

装着画像【閲覧注意】

こんな感じ。

 

 

 

 

この後家に帰り、現在6時間ほど経ちますが、確かに締め付けられてる感じはあります。

ですが、凄く痛いというほど痛くもないです。噛み合わせると少し痛いかな?

むず痒い痛み?と言っていいのかな?ジワジワ痛いです。

なんと表現していいのか分からないですね;^_^

それよりも、右上のブラケットが当たってた所の方が痛かったです(T_T)

色んなブログを読んでると、凄く痛いとかごはん食べれないとか書いてあるので、ちょっと拍子抜けでした(・・;)

でも、あんまり痛くなくてよかったです。

 

かかった費用

今回はナシでした。

 

つづく。

 

 

スポンサーリンク